美しい

完全無敵の女性の美しいを徹底研究室

現在、脱毛サロンで主要になっているのは“光脱毛”(フラッシュ脱毛とも呼びます)です。光脱毛は、専用の機器で脱毛に効果的な特殊な光を高出力で照射し、ムダ毛を生やす細胞を破壊するといった方法なのですが、ここで使用される光は黒色に反応するという特質があるんです。ムダ毛,黒色といえば“メラニン色素”ですよね。この光の特質を利用した脱毛方法なので、施術時にはメラニン色素の存在が必要になります。
メラニン色素はムダ毛の成長期に色濃く強くなるため、脱毛施術はムダ毛の生えるサイクルの毛周期に沿って行われます。

 

脱毛施術が完了するまでの施術回数は平均して6回といわれています。もちろん個人差はあるもので、施術箇所やムダ毛の量や状態によって変動しますのであくまで参考資料程度にですが、毛周期は2?3ヶ月が1サイクルとされているので、例えば2ヶ月サイクルだとすると平均施術回数の6回を完了させるには1年程かかるということになりますよね。
効果の出方や精度の上げ方によっては10回の施術が必要にもなるそうです。もうお分かりですよね。思いたったら即!脱毛サロンへGOです!( ? ?ω?? )?キリッ?

脱毛エステで働くエステティシャン5年目のミサトです!
今日は脱毛とは近からずとも遠からずの内容を書いちゃいたいと思います♪

 

髪ってどのようなサイクルで抜け、また生えてくるのかご存じですか〜?
髪もムダ毛同様に毛周期というものがあり、毛が成長する「成長期」毛の成長が終わりを迎える「退行期」
毛穴がお休みする「休止期」の3つのサイクルで行われています。
それらを3つのサイクルを総称して毛周期となるのですが、髪の毛周期(ヘアサイクル)はどのような期間
になると思います??

 

ヘアサイクルは他の部位と違って長めの4年〜6年が1周期になって、「成長期」「退行期」「休止期」を
繰り返していくのですが、この毛周期が乱れると、成長期が短くなって十分に伸びないまま退行期を
迎えてしまうようになるのです。

 

このようなヘアサイクルの乱れによって、成長期が全体的に短くなり、髪のボリュームが少なく薄毛に
なる恐れがある訳ですねー。
薄毛に悩む女性の人は、まずこのヘアサイクルの乱れを気にしましょうね。
ヘアサイクルを正常に保つには頭皮ケアは必須の内容になります。
ビタミンC成分配合の頭皮ケア剤で頭皮に栄養を与えることによって毛穴に元気を取り戻し、
頭皮の血液の循環を良くする為にマッサージなども取り入れると良いと思いますよ!

続きを読む≫ 2014/10/02 13:16:02

大人になっても、耳ニキビができてしまう人は要注意です。
ニキビができてしまう要因が、ストレスからできるニキビが圧倒的に多く、そう言ったニキビができる場合、ホルモンのバランスが崩れているからです。
ホルモンバランスが崩れてしまうと、様々な弊害を起こしうる可能性が高くなり、時として自律神経失調症になることだってありえます。

 

ニキビや吹き出物は、体の変調のサインです。やたらとニキビができるようになったらまず、その原因を考えましょうね。

 

もう少し噛み砕いてニキビができる流れを説明をしてみると・・・

 

ストレスが溜まる→ホルモンバランスに異常をきたす→自律神経に弊害を起こす→男性ホルモンが過剰に分泌し、それによって皮脂もまた分泌量が多くなる→皮脂が大量に毛穴から発生することにより毛穴が詰まりやすくなる→毛穴に角栓ができ皮脂は毛穴の中に閉じ込められて、炎症を起こしてニキビとなる。

 

耳ニキビニキビができた時にまず疑わなければならないのは

 

1・浴室での洗顔や洗髪の方法が正しくできているか?

 

2・偏った食生活を送っていないか?

 

3・ストレスをため込んでいないか?

 

4・睡眠時間は十分にとっているか?

 

5・乾燥肌になっいないか?

 

 

自己診断でこのような項目を考えてみてください。
該当する項目があったら、すぐさま修正するようの心がけてください。

 

ほとんどのケースは、生活習慣病が要因で肌が荒れます。気持ち一つで肌の改善はできるでしょう!

 

もしニキビができてしまってそれが跡になって残ったらさぁ大変!
大人ニキビの跡は思春期でできたニキビ跡よりも厄介です。
その理由としては、肌組織の再生効率が大人になればなるほど、悪くなるからです。
皮膚は傷ついても肌の内側から新しい皮膚が生まれてきます。
子供の頃には古い角質が剥がれ落ち、新しい角質が作られるまでの周期は短いですが大人になればその周期が遅くなってしまいます。
これが老化ということなのです。

 

大人ニキビ跡は軽傷であれば市販の商品で治療できますが、酷いニキビ跡になってしまったら迷わず皮膚科のお医者さんへ診療に行かなければなりません。

 

治療が遅くなれば、なるほど改善も遅くなってしまいますので、迅速に行動することが大切ですね!

続きを読む≫ 2014/09/25 14:10:25